シミ・美白|柏の葉皮ふ科|柏の葉キャンパス|透明感のあるお肌に

つくばエクスプレス 「柏の葉キャンパス」駅
西口徒歩5分 「デュオセーヌ柏の葉キャンパス」1F

tel.04-7134-1024

ネットでのご予約
電話をかける
ネットでのご予約

シミ・美白

シミ・美白

治療法

シミ・美白について

シミとひとくちに言っても様々な種類や状態があります。
老人性色素斑、そばかす、肝斑、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、色素沈着に大きく分けられますが、実際にはこれらのシミが混ざりあっていることも多く簡単に区別できないこともあります。
シミ治療には正確な診断が最も重要です。シミ・くすみの種類が不明のまま自己流でケアを続けても十分な効果はでません。
当クリニックでは皮膚科専門医がしっかりシミの種類を診断してから、レーザー治療からホームケアまでご希望に合った治療法をご提案させていただきます。
(当クリニックでは保険による母斑(先天性の赤あざ、黒あざ)の治療は行っておりませんのであらかじめご了承ください。)

老人性色素斑

40代以降にでき始めることが多いもっとも一般的なシミで、紫外線が主な原因と言われています。
紫外線を浴びやすい顔によくできますが、手の甲にできることも少なくありません。
一度できると自然に治ることはなく、徐々に濃くなったり盛り上がったりすることもあります。
レーザーで治りやすいタイプのシミです。ホームケアとしてハイドロキノン(シミ取りクリーム)をおすすめすることもあります。

そばかす

遺伝的要素の強いシミで、幼少期から出現することもめずらしくありません。
細かくちらばるようにできるのが特徴で鼻を中心とした顔によくでき、紫外線の強い夏に濃くなり冬には薄くなります。
レーザー、IPL、ハイドロキノンなどをご案内しております。

肝斑

30代以降にでき始めることが多いシミで、左右対称に両頬の上部によくできます。
紫外線、摩擦(特にお化粧、クレンジングの際)、女性ホルモンなど様々な原因が考えられていますが、人によってもことなります。
徹底した紫外線対策と摩擦の回避、ビタミン剤内服が基本ですが、改善に長期間かかる方や十分に改善しきらない方もいらっしゃいます。通常のレーザー治療では改善しませんが、当クリニックでは特殊なレーザーで肝斑を治療する“ルートロトーニング”もご提案可能です。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

20代以降にでき始めることが多いやや灰色がかったシミで、両頬の上部やおでこの端によくできます。
原因ははっきりしていませんが、遺伝的要素が関与していることが多いようです。
飲み薬や塗り薬は無効で、レーザーがほとんど唯一の治療ですが、原因が深いところにあるため数カ月毎に数回から10回程度のレーザー照射が必要です。

色素沈着

ケガやこすり過ぎ、ニキビなどの外的原因により生じるシミですが、原因がまったく思い当たらないということも少なくありません。
原因が取り除かれていれば数カ月から半年で徐々に薄くなっていくことが多いですが、原因の強さや体質、紫外線などの影響により長期間改善しないことも少なくありません。
原因の除去がもっとも重要な治療ですがレーザー治療やビタミン剤内服、ハイドロキノンをおすすめすることがあります。

美白、くすみ

真っ白でむらのない、透明感のある肌は多くの女性のあこがれですがそれを手に入れ、維持し続けることは簡単ではありません。
美白のために最も重要なことは紫外線対策ですので当クリニックでは紫外線対策のアドバイスや各種日焼け止めの取り扱いに力をいれております。
より積極的な美白治療のためレーザー治療やIPL、やメソアクティス、ケミカルピーリング、各種内服薬、外用薬もご案内しております。

Topへ