小児皮膚科|柏の葉皮ふ科|柏の葉キャンパス|お子様のお肌

つくばエクスプレス 「柏の葉キャンパス」駅
西口徒歩5分 「デュオセーヌ柏の葉キャンパス」1F

tel.04-7134-1024

ネットでのご予約
電話をかける
ネットでのご予約

小児皮膚科

小児

乳児期や小児期には特有の皮膚トラブルも多く、おむつや汗などによるむれや、乾燥が発症・悪化の原因となっていることもよくあります。当クリニックではスキンケアの指導も丁寧にするように心がけております。また、乾燥や湿疹などを長引かせると皮膚のバリア機能が低下しアレルギー物質が侵入しやすくなりますが、最近では幼少期に皮膚から侵入したアレルギー物質は皮膚症状を悪化させるだけでなく、将来のアレルギー疾患の発症に関与している可能性が指摘されています。当クリニックでも幼少期の皮膚を常に健康な状態に保っておくことは、今だけでなく将来の健康のためにも重要であると考え、小児皮膚診療にも力を入れております。

当クリニックの小児皮膚科で診療する主な疾患

乳児湿疹

乳児期に皮脂の多い頭や額、擦れる部分を中心に黄色いフケが出たり、カサカサした赤みができたりする病気です。原因ははっきりしないことが多いですが、多すぎる皮脂の分泌が関与しているものと考えられています。小児では生後1~6ヶ月頃に起こりやすく、しっかり治療しないとひっかき傷から細菌感染などを起こすこともあります。

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)

尿や便などによる刺激が原因でおむつの当たるところに生じる、赤いブツブツやただれのことです。清潔を心がけること、尿や便で汚れたおむつをなるべく早く換えてあげることが大切ですが、早く治すためには塗り薬が必要です。
ただし便に含まれるカビの仲間(カンジダ)の感染でもそっくりの症状になること、あるいは両方が同時に起こることもあるので、悪化する前にご相談ください。

汗疹(あせも)

あせもとは汗をかき始める時期から増えてくる、汗の穴がつまったり、炎症を起こしたりする病気です。小児に発症しやすい病気ですが、高熱を出している方や高温の環境下で作業している大人でも発症することがあります。汗をかきやすいところ、むれやすいところに発症しやすく、赤く細かいブツブツになることが多いです。悪化するととびひなど細菌感染にいたることもあるので、あせもの治療には症状に応じてステロイドの塗り薬や抗生物質などを用います。あせもの再発を繰り返さないためには暑いところに長時間いない、通気性の良い服を着る、汗が出たらなるべく早くシャワーで流すなどに気を付けることが大切です。

凍瘡(しもやけ)

しもやけは冷たい外気にさらされた後、手足の指先、耳たぶ、ほお、鼻など血行の悪くなりやすい場所に生じます。皮膚が赤く腫れ上がり、水ぶくれを起こすこともあります。痒みを伴い入浴すると痒みが強くなります。治療は症状に合わせて塗り薬を中心に行います。しもやけになりやすい人は冬に外出する際は手袋、マスク、耳当て、帽子などで冷気を回避するようにしましょう。

尋常性疣贅(手足のイボ)

尋常性疣贅(イボ)とはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって生じる、ドーム状に盛り上がった小型のできもので、手や足の裏によくできます。小児には非常によく見られる病気ですが、感染症なので放置するとどんどん大きくなったり、増えたり、人にうつしたりします。治療は液体窒素で凍らせる凍結療法とヨクイニン(漢方薬)の飲み薬で行います。1回で治し切ることは難しく何回か治療を繰り返します。

伝染性軟属腫(水イボ)

水イボは伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。小児期によくみられ特に乾燥肌や湿疹があると発症、悪化しやすくなります。水イボは放置しても自然に治ります。ただし、放置した場合にどの程度まで悪化するのか、治るまでにどのくらいかかるのかは個人差が大きく悩ましいところです。
水イボの治療はどうするのが正解なのか結論はでていませんが、最近では自然に治るまで待つことをすすめる医師が多くなりつつあるようです。
治療はピンセットでちぎり取るのが一般的ですが、当クリニックでも基本的には自然に治るのを待つ方針です。
積極的に治療しない理由は3つあります。

それなりの痛みがあること。
強い恐怖からトラウマになり、病院嫌いになってしまうことがあること。
子供にそこまでの負担を強制し治療しても再発が多いこと(水イボは潜伏期間が数週から数カ月あるとされており、目に見えないところにもウイルスはすでにひそんでいます)。などデメリットの方が大きいと考えるからです。

水イボが多くても10個くらいであれば治療のメリットが大きい場合もあります。ピンセットで治療する場合でも基本的には麻酔のテープを治療の1時間ほど前から患部に貼っていただき、極力痛みがないようにして治療します。

伝染性膿痂疹(とびひ)

とびひは乾燥や湿疹などでバリア機能の低下した皮膚に細菌がくっついて起こる感染症です。とびひには水ぶくれができるタイプとかさぶたができるタイプの2種類があります。とびひの治療は主に抗生物質の飲み薬で行いますが、ひどくならないうちに治療を始めるとより早く治せます。また発症や悪化の原因となっている乾燥や湿疹を治療することも重要です。

カンジダ性皮膚炎

カンジダというカビの一種によって起こる皮膚炎です。この菌は健康な人の皮膚などにも存在しますが、通常は炎症などを引き起こしたりはしません。しかし、皮膚の抵抗力が弱い赤ちゃんの温かくて湿ったおむつの中や、背中、わきなどでは炎症を起こすことがあります。症状はおむつかぶれによく似ていて、股やおしりなど皮膚の擦れやすいところが赤くただれてきます。カンジダ性皮膚炎におむつかぶれなどで使用するステロイド剤を使うと悪化させてしまいます。カンジダ性皮膚炎とおむつかぶれとでは処方する薬が違うので、自己判断せずに皮膚科を受診しましょう。

虫刺症(虫刺され)

蚊、ダニ、ノミ、ブユ、ハチ、ケムシなどによる虫刺されは、日常的によく起こります。それぞれの虫が持っている物質が、刺されたり咬まれたり、血を吸われたり、触れたり(ケムシなどの場合)した際に人間の皮膚内に注入され、それによって赤みや水ぶくれ、痒みや痛みなど様々な症状が起きている状態の総称です。虫刺されの治療では、ステロイド軟膏を短期間外用します。腫れや痒みが強い場合は抗アレルギー薬などの飲み薬が必要になることもあります。

シラミ症(アタマジラミ)

シラミが頭髪に棲みつくことで発症する病気で、小学校低学年までのお子さんに多く見られます。症状としては頭が痒くなる、痒みのために頭を掻いて湿疹が生じる、髪の毛にフケのようなもの(シラミの卵)が増える、などが挙げられます。シラミは動きが早く成虫を見つけるのは難しいので、虫卵を探します。フケと紛らわしいですが、虫卵は指で摘まんで引っ張っても毛髪にくっついて取りにくく、乳白色、楕円形で光沢がある、などが特徴です。こうした物体を見つけたらシラミを疑って受診してください。治療ではシラミ駆除薬のシャンプーを使用します。

Topへ